フランスでマスクの販売が解禁! -マスクの質は?フランスの感染状況は?-

Bonjour ! HIKARUです!

コロナウイルス(Covid-19)が猛威を振るい続けている今日この頃、みなさんはいかがお過ごしですか?

フランスでは表題の通り、
本日5月4日月曜日から、サージカルマスク(医療用マスク)の一般販売が始まりました。

というのも、
これまでは病院や保健所などの医療関係者にしかマスクの供給は行われておらず、スーパーや薬局などの店頭にマスクが並ぶことは在りませんでした。

しかしながら本日から、
ついにマスクの店頭取扱が解禁!

ということで早速買ってきました!

表面

こちらがそのマスク。
近所のスーパー(Carrefour Market)で買ってきました。

医療用マスク、サージカルマスクです。
(仏語: Masques Chirurgicaux)

見た目も質も、日本で売られている使い捨てマスクと同じもののようです。

ラベル

ラベルからは
2020年3月30日に製造、
使用期限は製造日から3年、ということが読み取れます。

3月30日に製造されて今日5月4日までの一か月間、どこに眠ってたんでしょうか。

医療関係者の手に渡らなかったのだとしたらもう少し早めに一般販売始めればよかったのに…と思ってしまいます。

値段は5枚で2.90€、約340円。
一枚当たり0.58€、約68円です。

ちなみにこの値段、原価そのまんまだそうな。
小売店には一円も利益が入らない、ということです。

裏面

このマスク、お店の棚には並んでいません。

購入するには、
会計の際にレジの店員に直接お願いしなければなりません。

すると、店員がレジの下から必要な数のパックを取り出し、手渡してくれます。

つまり、問答無用に1人1パックしか購入できないんです。

確かにこの方法なら“買い占め” は起きにくいでしょうね。

ちなみにこのビニールのパッケージ、再利用可能です。

スマイルの部分には
≪Sac réutilisable à ne pas abandonner dans la nature≫
「再利用可能袋、その辺に捨てないでね」
と書いてあります。

確かに広げると小袋のようになり、ビニールも少し厚めで強度があります。

サイズ的にはかなり小さいため何を入れればいいのやら…と思ってしまいますが、

ビニール一枚でも再利用を促すとは…
さすが環境大国フランスですね!

情報元はフランス厚労省の発表によるもの

最後に今日5月4日時点でのフランスのコロナウイルス(Covid-19)感染者数の情報を載せておきます。

・感染者数: 131,863人
・入院者数: 25,472人
・人工呼吸器使用者数: 3,639人
・死者数: 25,183人

・帰宅者数: 51,363人

右の地図はご想像の通り、フランス全土の感染者数の分布を円で表しています。

パリが…
すごいことになってますね。

ちなみに私が今いるのはボルドー。
どこかって…?
ご自分で調べてみてください!

そして重要なのがこのグラフ!

・黄: 入院患者数
・橙: 人工呼吸器使用者数
・赤: 死者数
・緑: 帰宅者数

黄色を見てください!

グラフが下がって来てますね!

コロナが収まってきている、と言っていいのではないでしょうか。

嬉しいですね!

これらの情報はこちら↓からご覧になれます。
Suivi du Covid-19 en France
興味のある方は確認してみてください。






ではでは、今回の投稿は以上です。
ウイルス対策は万全にしてくださいね!

Prenez soin de vous !
A la prochaine fois !

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

HIKARU

群馬県出身 筑波大学在学中

2019年8月~2020年7月
フランス ボルドー大学に留学中!
専攻:文化人類学, フランス語

イスラム教文化を調査しています!

趣味:国際交流, 映画, 旅行, カラオケ