フィンランド料理の代表 トナカイ料理を食べてきた!

はじめに

Bonjour ! HIKARUです!

今回はヘルシンキを旅行中に訪れたフィンランド料理レストランを紹介します!伝統的な絶品フィンランド料理を楽しめますよ!

ちなみに、

今回のレストランを訪れるにあたり、事前にフィンランド料理のレストランをリサーチして行きました。

そこでわかったこと…

フィンランド料理は総じて値段が高すぎる……!

今回の投稿ではそのお値段も公表しちゃいます。どれだけお高いのか…お楽しみに!

Lappi Ravintola

今回ご紹介するのはこちら!

LAPPI RAVINTOLA

フィンランド、ヘルシンキ駅から徒歩15分ほどに位置するレストランで、伝統的なフィンランド料理/ラップランド料理を提供しています。

Google Maps

北欧を象徴する動物、トナカイの看板が目印です!

とはいっても、正直このお店、わかりづらい…

私は目の前を1回通り過ぎてしまいました。

お店に入っても人がいる気配がしないし…

このお店、大丈夫…!?

それが、第一印象でした。

お店の奥に入るとビックリ!
めちゃくちゃオシャレやーん!!!

フィンランドの古民家みたいな雰囲気!
ナルニア国物語のビーバー夫妻の家に入ったみたいです!

音楽もフィンランド民謡が流れています。店員さんは伝統的な衣装かな?を着ていて、伝統文化を全面に押し出すスタイル。

なるほど、この落ち着いた雰囲気を守るために敢えて外観を抑えて静けさを保っているんですね!

メニューは日本語もあります。

今回は日本語と英語メニューの両方を見せてもらいました。
英語で注文するほうが楽だと思ったので…

では!

さっそくオーダーしていきましょう!

食前酒

ウネルマ
アラホビのスィートベリーワイン
UNELMA
Alahovi’s sweet berry wine
6€

白ワインをベリー系リキュールで割ったもの。アルコールはそこまで強くなくて、甘く、とても飲みやすかったです!

メイン料理

トナカイすね肉の煮込み
ザワークラウトのクリーム煮ジュニバーベリー風味、ポテトピュレ、赤ワインソース
Reindeer Shank
with Juniper berry cream stewed sauerkraut, potato puree and red wine sauce
29€

これがフィンランド名物、トナカイの肉!
他では食べられないその国特有の食べ物っていうのは、大金払ってでも食べたくなっちゃいますよね。

トナカイ肉の全体的な印象は牛肉に近いです。
すね肉だったからかもしれませんが、牛肉よりもずっと赤身の味が強く、牛肉とはまた違った匂いがしました。口に入ったときにちょっと苦味がある感じ。

赤ワインソースも美味しくて、ポテトピュレがなめらかで、トナカイ肉も柔らかくて、絶品でした!

デザート

コケモモのムース
Lingo berry mousse

11€

初めてコケモモを食べました!!

コケモモのジャムもムースも、甘酸っぱくて美味しかった!ラズベリーとかの甘酸っぱさとはまた違った感じ。表現できない……

とにかく、絶品でした!

まとめ

意を決して飛び込んだフィンランドレストランでしたが………

合計金額は驚きの49€(約5800円)!!
前菜を頼まず、値段を抑えたつもりだったんですが、何気なく頼んだ水も3€追加されてました。

ネットで見てみると、ヘルシンキの伝統料理レストランのディナー相場は約50€らしい。。。

49€でもちょっと安かったくらいなのかな……

まぁでも、とりあえず美味しかったので大満足!
トナカイもコケモモも北欧でしか楽しめませんからね!

みなさんも、ヘルシンキを訪れる際は伝統料理レストラン “LAPPI RAVINTOLA” でお食事してはいかがですか?

À la prochaine fois !!

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

HIKARU

群馬県出身 筑波大学在学中

2019年8月~2020年7月
フランス ボルドー大学に留学中!
専攻:文化人類学, フランス語

イスラム教文化を調査しています!

趣味:国際交流, 映画, 旅行, カラオケ