フランス語の名前はナニ? Harry Potterのキャラクターたち

Bonjour ! HIKARUです!

今回は「ハリーポッター」シリーズにまつわるフランス語を紹介します!

はじめに

小説から始まり、映画の公開、そして今やテーマパークが作られるほど、世界的な人気を誇る「ハリーポッター」シリーズ。

「小説読んだことない!」
「映画全部見てない!」
という人でも、登場人物の名前をいくつかは知っているのではないでしょうか?

しかしながらこの「名前」、
フランス語版では「名前が全然違う!」というキャラクターがたくさんいるんです…

今回はそんな「フランス語版で名前が変わってしまったハリーポッターのキャラクターたち」を紹介したいと思います!

HIKARU

私、実は当シリーズのオタクなもので…ちょくちょくマニアな情報を挟ませて頂きますが、それも含めて楽しんで読んでいただければ嬉しいです!

それでは!どうぞ!!

ホグワーツ

  • 英語名: Hogwarts
  • 仏語名: Poudlard
  • 発音カナ: プドラー
  • 発音記号: [pud-laːʁ]

シリーズの舞台であり、ハリーが通う学校、ホグワーツ魔法魔術学校です。

フランス語名を見てみると…
ホグワーツ」ではなく「プドラー
全然違う……!!!

英語名もまとめて詳しく調べてみると…

英語名
“Hog” (ブタ) + “Wart” (イボ/デキモノ)
フランス語
“Pou” (シラミ) + “lard” (ベーコン/ラード)
という意味があるそうな。

名前の由来はわかりましたが、
なぜ「ブタのイボ」が「ベーコンのシラミ」に変わってしまったのかはわかりませんでした…

魔法使いらしく “気味が悪い物” をイメージした、ということでしょうか…?

とはいえ、なぜ英語名をそのまま使わなかったんでしょうかね…

ホグワーツ城の秘密

マグル(非魔法族)がホグワーツ城の敷地内に入ると「立入禁止」の看板が出現。それと同時に突然急用を思い出し、帰りたくなってしまうそうな。

城周辺でマグルの電子機器は全て機能しなくなってしまいます。

敷地内では姿現し/姿くらまし(瞬間移動する魔法)が使えません。映画版ではダンブルドアのみ使用可能になっていますが、小説版ではダンブルドアもホウキを使っています。

ハーマイオニー・グレンジャー

  • 英語名: Hermione Granger
  • 仏語名: Hermione Granger
  • 発音カナ: エルミオンヌ・グランジャー
  • 発音記号: [ɛʁ-mjɔn-ɡʁɑ̃n-ʒœːʁ]

ハリーポッターの親友、ハーマイオニー。その美貌にメロメロになった人も多いのでは?

実はこの名前、英語のつづりだけを見て「ハーマイオニー」と読み当てるのは難しいんです。普通に読むと「へーミオン」となってしまいます…(英語圏の人でも間違えていたらしい…)

翻訳者の松岡佑子さんは筆者のJ.K.ローリングに直接確認し、「ハーマイオニー」というカタカナを当てはめたそうです。

そしてそう、フランス語も……
同じアルファベット表記をフランス語読みすると

「エルミオンヌ」になります。
全然ハーマイオニーじゃない…!

さらに特徴的なのは、フランス語の “R” の発音。仏語の “R” は英語のそれと違い、うがいをするときみたいなガラガラ音を用います。

そのため、よりフランス語風に発音すると
ヘガミオンヌ・グガンジャーとなります…

なんかもう…、怪獣の名前みたいですね。可愛くありません…

ハーマイオニーは可愛くない!?

映画ではエマ・ワトソンが演じ、まさに「絶世の美女」だったハーマイオニー。しかしながら小説の設定では、くしゃくしゃの縮れ毛に出っ歯な女の子。さらに本の虫でお洒落に興味の無い女の子でした。しかしながらその後容姿をバカにされ、悔しさのあまり魔法で歯を小さくし、ストレートパーマをかけて、ハリーとロンを仰天させるほどの美人に生まれ変わりました。

セブルス・スネイプ

  • 英語名: Severus Snape
  • 仏語名: Severus Rogue
  • 発音カナ: セブルス・ロッグ
  • 発音記号: [sev-ʁəs-ʁɔg]

シリーズにおけるキーパーソン、そして本当はハリーの最大の支援者であったセブルス•スネイプ。

彼の名前はラテン語で「厳格、融通の効かない」などを意味する “sĕvērus” が由来。

Snape の部分はイギリスに実在する村の名前から取ったとされています、が…

フランス語ではSnapeではなくRogue。

Rogueはフランス語で「傲慢、横柄」を意味するため、キャラクター的には当てはまりますが…

スネイプ教授ではなくロック教授。

如何せん、発音が全く違うため、フランス人と同作について話すときは注意が必要です。

私はこれで何度も話を見失いました…

アラン•リックマンの演技

物語の最後でスネイプの本当の姿を知った際、誰もが仰天したことでしょう。

しかしながらスネイプを演じたアラン•リックマンは映画第1作目の時点でその結末をJ.K.ローリングから聞かされていたそうです。

この事実は監督すらも知らない超極秘情報だったとか。

ヴォルデモート

  • 英語名: Tom Marvolo Riddle
  • 仏語名: Tom Elvis Jedusor
  • 発音カナ: トム・エルビス・ジュドゾー
  • 発音記号: [tɔm-el-vis-ʒdy-zɔːʁ ]

本シリーズ最大の敵、ヴォルデモート。鼻の無い、まさに蛇のような顔。強烈ですね。
今回は彼の本名に関する話題。

少し複雑です。

ヴォルデモートの本名は
「トム・マールヴォロ・リドル」
“Tom Marvolo Riddle ” というもの。

この名前を嫌った本人は、本名のアルファベットを並び替えて新しい名前を考案します。

“Tom Marvolo Riddle”
 ⇩並び替えて…
“I am Lord Voldemort.”
(私はヴォルデモート卿だ)

ちなみにこの並び替え技法を「アナグラム」と呼びます。

一方でフランス語はこの逆をたどります。
「私はヴォルデモートだ」
« Je suis Voldemort. »
 ⇩並び替えて
« Tom Elvis Jedusor »
(トム・エルビス・ジュドゾー)

というわけです。

ヴォルデモートの本名を変更するのはフランス語に限ったことではありません。ほぼすべての言語で同じことが行われ、それぞれの国でそれぞれの「本名」が作られています。
(日本は字幕とともに英語表記をそのまま使ったため、英語と同じ名前が使われています。)

一番強い魔法使いは誰?

最強の魔法使いは圧倒的にヴォルデモートでしょう。ダンブルドアはニワトコの杖を持っていたため、かろうじてヴォルデモートを抑え込むことができましたが、それでもほぼ互角でした。(魔法省神秘部の戦い)
ダンブルドア自身もヴォルデモートの強大さに驚いている描写があります。

ハリーがヴォルデモートに勝てたのはただのラッキーです。ハリーの方が強いわけではありません。

デスイーター 死喰人

  • 英語名: Death Eaters
  • 仏語名: Mangemorts
  • 発音カナ: モンジュモール
  • 発音記号: [mɑ̃ʒ-mɔːʁ]

ヴォルデモートの手下たち、デスイーター。

英語では
“Death”(死) + “Eater”(食べる者)
仏語では
“Mange”(食べる) + “Mort”(死)

綺麗に翻訳されていますね。

日本語では「デスイーター」の翻訳とともに「死喰い人」が当てられています。「食」ではなく「喰」の漢字を使うあたり、うまいですよね。

ディメンター 吸魂鬼

  • 英語名: Dementor
  • 仏語名: Détraqueur
  • 発音カナ: デトラケー
  • 発音記号: [de-tʁa-kœːʁ]

「アズカバンの囚人」で登場し、読者/視聴者に強烈なインパクトを与えたキャラクター。作者J.K.ローリングが自身の鬱病の経験から着想を得たそうです。

ディメンターが接近するだけで人々の幸福感は失われ、キスされると魂を抜き取られてしまうという恐ろしいキャラクター。

英語では
de(否定の意)+mental(精神)=dementor
フランス語では
détraquer(心身を不調にする)という動詞を名詞化し、détraqueur

呼び名は一変してしまいましたが、キャラクターの特徴を的確にとらえた翻訳ですね。

ちなみに日本語では「ディメンター」というカタカナ表記とは別に「吸魂鬼」という翻訳が。これは明らかに「吸血鬼」と「魂を抜き取る」を掛け合わせた形ですね。私はこの翻訳、ぴったりだと思います!

パトローナスの動物たち

作中に登場する、ディメンターを追い払う方法「パトローナス」を覚えていますか?映画ではハリーの牡鹿、セブルスの牝鹿が印象的でしたね。実はそれ以外にもカワウソやキツネ、イノシシ、イタチ、狼など、様々なバリエーションがあるんです!え?誰のパトローナスかって?詳しくは小説をお読みください!

グリフィンドール

  • 英語名: Gryffindor
  • 仏語名: Gryffondor
  • 発音カナ: グリフォンドール
  • 発音記号: [gʁy-fɔ̃-dɔːʁ]

ハリー、ハーマイオニー、ロンたちの所属する寮。この談話室でたくさんの出来事が起きましたね。

この「グリフィンドール」に至っては、英語と仏語に大きな違いはありません。

ただ、このあとに紹介する他3つの寮名が恐ろしく違うので、まとめて紹介しました。

グリフィンドールの談話室

談話室の中は男子部屋と女子部屋が別れています。男子が女子の部屋に行こうとすると…

女子部屋への階段が突如「すべり台」と化し、男子たちは押し戻されてしまいます。

スリザリン

  • 英語名: Slytherin
  • 仏語名: Serpentard
  • 発音カナ: セルパンタール
  • 発音記号: [sɛʁ-pɑ̃-taːʁ]

ヴォルデモートなど多くの闇の魔法使いを輩出してきた寮、スリザリン。

フランス語名は
Serpentard (セルパンタール)

全然違います…

この由来は、
フランス語で「ヘビ」を意味する単語 “Serpent”(セルパン)から。

確かにスリザリンはヘビと深い関わりがありますが、わざわざ変える必要あったのかなぁ…

スリザリンの談話室

地下牢を抜けた先、ホグワーツ湖の地下にある談話室。窓からは湖の魔法生物(巨大イカやマーピープル)を見ることができ、その水の静けさが落ち着いた雰囲気を醸し出している。

レイブンクロー

  • 英語名: Ravenclaw
  • 仏語名: Serdaigle
  • 発音カナ: セルデーグル
  • 発音記号: [sɛʁ-dɛːgl]

変わり者の生徒が多いと言われる寮、レイブンクロー。
「不思議ちゃん」として知られるルーナ•ラブグッドもこの寮生です。

これまた、フランス語名が全然違いますね。

英語名は
“Raven”(ワタリガラス) + “Claw”(鉤爪)
仏語名は
“Serre”(鉤爪) + “Aigle”(ワシ/鷲)

英語をフランス語にそのまま訳したようですね。

でもこれも、変える必要あったのかなぁ…

レイブンクロー出身の魔女、ルーナ•ラブグッド。実は彼女、ホグワーツを卒業後、”とある” 有名な魔法使いの孫と結婚するんです!

その魔法使いとは「ファンタスティックビースト」シリーズの主人公、ニュート•スキャマンダー!

彼についてはこの後詳しくお話しましょう…

ハッフルパフ

  • 英語名: Hufflepuff
  • 仏語名: Poufsouffle
  • 発音カナ: プフスッフル
  • 発音記号: [puf-sufl]

「落ちこぼれが集まる寮」と揶揄されてしまうハッフルパフ。「アズカバンの囚人」で殺されたセドリック•ディゴリーはこの寮の出身です。

これまた、フランス語名は独特です。
“Pouf”(ため息の音) + “Souffler”(息を吹く)

なぜこのような翻訳になったのかはわかりませんでしたが、「落ちこぼれの寮」という点が反映されている気がします…

決してそんなことはないんですがね。
ハッフルパフ出身でも、力のある魔法使い/魔女はたくさんいますよ!

ハッフルパフの寮監、ポモーナ•スプラウト先生。彼女が担当したマンドレイク(大声で泣き叫ぶ根っこ)についての薬草学の授業を覚えている方も多いのでは?

彼女の退職後、その降任を引き受けたのは、あのネビル•ロングボトム。魔法の才能が薄いネビルでしたが、薬草学だけは飛び抜けていたのです。

組み分け帽子

  • 英語名: Sorting hat
  • 仏語名: Choixpeau
  • 発音カナ: ショワポー
  • 発音記号: [ʃwa-po]

ホグワーツに入学した1年生たちを前述の4つの寮に振り分ける帽子、組分け帽子です。

実はこの仏語名、とても面白いんです。

フランス語で
「選択」は “Choix”(ショワ)
「帽子」は “Chapeau”(シャポー)

これらを組み合わせた造語が
“Choixpeau”(ショワポー)

ショワ + シャポー = ショワポー
うまくないですか!?

「生徒たちの寮を選ぶ」という特性と「帽子」がうまく噛み合ってる上手な翻訳だと思います!

初めてこの仏語名を聞いたときは、思わず「お!うまい!」と言ってしまいました!

番外編
ニュート•スキャマンダー

  • 英語名: Newt Scamander
  • 仏語名: Norbert Dragonneau
  • 発音カナ: ノルベール・ドラゴノー
  • 発音記号: [nɔʁ-bɛːʁ-dʁa-gɔ-no]

こちらはオリジナル映画「ファンタスティックビースト」シリーズから、主人公ニュート。

フランス語名を見てください。

もう、「だれぇええ!!」って叫びたくなるくらいまるっきり違います。

詳しく調べてみると…

英語名
Newt”(イモリ) + “Scamander”(川の神)
仏語名
Norbert”(第1作目でハグリッドがもらってきたドラゴンの名前)
Dragonneau”(ドラゴンの赤ちゃん)
という意味だそうな。

「イモリ」が「ドラゴン」へ。
随分と急激な進化を遂げましたね…

なぜ仏語名を変える必要があったのでしょうか?
試しに”Newt Scamander”をフランス語風に発音しても、何の問題もありません。

これに至っては、本当に……、謎です。

まとめ

いかがでしたか!?

この投稿を気に、ハリーポッターシリーズにさらに興味を抱いて頂けたら嬉しいです!

HIKARU

ちなみに、小説版をまだ読んでいない方!是非読んでみてください!

映画版に比べて何十倍も話が深く、それぞれのキャラクターの人間性がよりはっきりと描かれています。

さらに最終決戦でのシーンは映画以上に迫力満点です!トレローニー先生の意外な強さやクリーチャーのかっこよさ、マクゴナガル先生の偉大さ, etc.

圧巻ですよ!


最後に1つ宣伝を。

以前紹介した「スターウォーズ」シリーズの投稿、もう読んで頂けましたか?スターウォーズにもフランス語で名前が変わってしまったキャラクターがたくさんいるんです!

まだ読んでいない方はコチラから!

今回の投稿は以上です!!
À la prochaine fois !!!!

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

HIKARU

群馬県出身 筑波大学在学中

2019年8月~2020年7月
フランス ボルドー大学に留学中!
専攻:文化人類学, フランス語

イスラム教文化を調査しています!

趣味:国際交流, 映画, 旅行, カラオケ